オーガズムのメカニズムを知ってセックスを楽しもう!

MENU

男性がオーガズムを感じるとき・女性がオーガズムを感じるとき

オーガズム、それは全身に快感の電気が走って絶頂を迎える瞬間です。
このオーガズムを感じることがセックスの質を高めるのです。

 

男性がオーガズムを感じるのは、ペニスに刺激を受けて射精する瞬間です。
快感は射精後に5秒から10秒間ほど続き、一気に快感が薄れて行きます。
非常にすっきりした感じになるため、興奮も徐々に収まって行き落ち着くでしょう。
男性は射精後に興奮を抑える物質が脳内から出るので、俗に賢者モードと呼ばれています。
セックス後に男性がそっけない態度をするのは、まさにこれが原因なのです。
(ペニストラブルでお悩みなら➡ ペニストラブルの解決方法ページへ)

 

このように男性は1種類のオーガズムしか知りません。

 

ですが、女性は何と4種類のオーガズムを感じることが出来るのです。

 

ベッドにいる女性

 

1つ目は陰核を刺激することで得られるオーガズムです。
これは最も簡単に得られるオーガズムで、ほとんどの女性が経験しているものです。
陰核は快感を得るために特化した部位でもあるため、オーガズムを感じるべく存在しています。

 

2つ目ですが、それはGスポットによるオーガズムです。
膣の内部に存在する性感帯で、指を曲げた際に当たるザラザラした部分が該当します。
このGスポットでオーガズムを経験する女性は、約半分程度だと言われています。
Gスポットの近くには膀胱があり、おしっこが漏れると勘違いしてしまう女性も多いのです。
男性はもらしても良いと伝えて安心させた上で、Gスポットによるオーガズムを与えてみてください。

 

3つ目はポルチオでオーガズムを得る方法です。
膣の奥側にはポルチオ、日本で言うと子宮に近いコリコリした部分があるのです。
長い指で無いと奥まで届きませんし、当然ペニスのサイズも相応のものが求められます。
深い挿入感でしか得られないこのオーガズムは、陰核やGスポットの何倍も快感が強いと言われています。

 

最後ですが、それは連続のオーガズムです。
部位に関わらず連続で絶頂するのをマルチオーガズムと呼びます。
AVで絶頂攻めされている女優がまさにこの状態にあるのです。
連続で絶頂すると快感が何倍にもなり、それが全身に広がって行きます。
女性なら一度は体験してみたい究極のオーガズムだと言えるでしょう。