セックスが上達するテクニック&練習法

MENU

 

日本人はセックスが下手だと言われています。
その言葉を裏付けるように、女性の6割が絶頂を知らないという結果が出ています。
また、7割の女性が気持ち良くなっている演技をしていると答えているのです。

 

男性としては女性に気持ちよくなってもらいたいと思うものです。
しかし、世の中には自称セックス上手が非常に多く蔓延って居ます。
自分がセックスした女性は、誰であろうとかならず絶頂させていると語る人が居れば
それは相手が演技している可能性が高いです。

 

日本人のセックス事情

 

なぜ日本人はセックスが下手なのでしょうか?

それは圧倒的なコミュニケーション不足が原因です。
海外ではお互いに話合って、気持ちの良いセックスをするようにしています。
何が気持ちよくて、何が痛いのか、どうされると嬉しくて、どうされると悲しいのか、それを真剣に話すのです。
ですが、日本人はこのようなコミュニケーションをしない傾向にあります。
恥じらいや謙虚さを重じるため、本音で語り合うような場を設けないのです。

 

コミュニケーションを取る海外カップル

 

また、昔の男尊女卑も影響しているかもしれません。
妻や彼女は男性に付き従うものという価値観が蔓延していました。
その結果が、男性側が一方的に気持ちよくなるだけのつまらないセックスを広めてしまったのかもしれません。
特に親同士が結婚相手を決めてしまい、それに拒否権を持てない時代では泣いている女性が多かったと推測されます。

 

セックスは子供を作るためですが、同時に愛情を育むコミュニケーションでもあります。

一方的で独りよがりなセックスは、男女平等の時代には通用しないでしょう。
セックスを上達させなければ、女性から下手な男と笑われる時代になったとも言えるのです。

 

愛情を育むイメージ

 

さて、そこで重要になるのがどうすればセックスが上達するのか、練習方法は無いのかということです。
もちろん、セックスが上達する練習方法は存在します。

 

オーラルセックスをマスターしよう~男性編~

 

まず簡単なのが相手とコミュニケーションを取ることです。

愛撫は優しくしますか?
それとも激しくしますか?
答えはどちらも間違いです。
そもそも気持ちいい愛撫とは相手によって違います。
優しくされるのが好きな女性も居れば、激しくされるのが好きな女性も居るのです。
さらに言えば、その時の気分によって優しくや激しくの好みが変わる場合もあるでしょう。
そうした日々の変化に気付くには、相手がどうして欲しいかを知ることが大切なのです。

 

女性のセックスも同様です。

多くの女性はこうして欲しいという欲求を持っているにも関わらず、男性にそれを伝えません。
なぜならエッチな女だと思われたり、恥じらいが無いと思われるのが嫌だからです。
男性の中にはセックスに積極的な女性を嫌う人も居ます。
ですが、セックスに積極的な女性を受け入れられない男性など好きになる価値は無いでしょう。
どのような内容であれ、コミュニケーションを拒否していることに他なりません。
これは本音を話さない女性にも該当します。

 

ちょっとした会話で解決することを口に出さず、小さなストレスを溜め込んで行くようでは長続きしません。
痛くても満足出来なくても我慢するなど、相手に心を開いていない証拠です。
セックスは愛情を深める重要なコミュニケーションなのです。
遠慮や恥じらいで気持ちよくないセックスをするのは時間の無駄です。

 

セックスが上手くなりたいなら、とにかくコミュニケーションを行うことです。
相手の表情を観察したり、雰囲気を読み取るのも良いでしょう。
言葉だけでなく、表情や動きもコミュニケーションの1つです。

 

コミュニケーションを取るイメージ

 

ちなみに、童貞や処女がセックス上達方法を学ぶのは意味がありません。
セックスとは相手が居てこそのものです。
上達したいと思うのであれば、それは1人ではなく2人で行うべきなのです。
充実したセックスライフのためにも、セックスのコミュニケーションを始めてみてください。